歯のケア 新常識
2020.6.1更新
 
監修
東京医科歯科大学
名誉教授 川口陽子
1日1回は時間をかけてみがく
「1日3回みがいているから安心」は×。
ササっと3回みがくのではなく、1日1回は丁寧に時間をかけて歯垢*を落としましょう。
*歯の表面についた細菌や食べカスのかたまり
「舌」もみがこう!
舌についた汚れ(舌苔)は口臭発生の原因となります。舌に白~淡黄色の汚れがついていたら、柔らかい歯ブラシや舌ブラシで軽くみがきましょう。
すすぎは軽めに
歯みがき後に何回も水ですすぐと、歯みがき剤に含まれるフッ素のむし歯予防効果が弱くなります。フッ素を口の中に残すため、すすぎは軽めに。
デンタルフロス等を併用
歯ブラシで落とせるのは歯の表側と裏側の歯垢です。歯と歯の間の歯垢は取れません。1日1回は、デンタルフロスや歯間ブラシも使いましょう。
定期的に歯科健診を受ける
「歯やお口に症状がでてから歯医者さんに行く」というのは今や古い考え。自覚症状がなくても、定期的に歯科健診を受ける習慣を身につけましょう。
禁煙
タバコは歯周病や口腔がんのリスクも高めます。また、ニコチンなどの作用で歯ぐきの血液循環が悪くなり、歯科治療をしても治りが悪くなります。
お口のケアでウイルス感染症の予防?!
新型コロナウイルス感染症の蔓延が恐れられていますが、お口を清潔にし、健康に保 つことはウイルス感染の水際対策となります。これまでに、歯周病菌がだすタンパク 分解酵素は、インフルエンザウイルスが粘膜細胞内に侵入することを促進すると報告 されています。ウイルス感染症の予防のために、お口のケアをしっかり行いましょう。
 
4月号「ウォーキング 効果アップの秘訣」
2月号「進化してます! ジェネリック」
12月号「お酒との上手な付き合い方」
10月号「カゼ・インフルエンザ撃退法」
8月号「自分にあった方法で元気をチャージ ストレス解消法」
6月号「口の中の問題」だけではない! 歯の健康
4月号「夫婦で受けよう! 特定健診」
2月号「早めの対策で快適! 花粉症のシーズンを乗り切るために」
12月号「その不調、体内リズムの乱れが原因かも?」
10月号「これが対処法 カゼ・インフルエンザ」
8月号「禁煙成功 こうすればできる!」
7月号「早期発見にがん検診は不可欠」
6月号「知っていますか大切な歯のこと」
4月号「健診でカラダチェックしよう」
2月号「ジェネリック医薬品を利用しよう」
12月号「血圧を上げないライフスタイルとは」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら