上手に飲もうアルコール
2016.12.1更新

年末年始はお酒を飲む機会が多くなります。適度なアルコールはストレス解消に役立ち、健康にもプラスですが、それはあくまでも適量を守ってのこと。飲みすぎに注意しましょう。

アルコールの代謝を知りましょう。アルコールは胃から20%、腸から80%吸収され、代謝はほとんど肝臓で行われます。まず、アルコールはアルコール脱水素酵素により二日酔いの元になるアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素により分解され、最終的には水と炭酸ガスになります。 アセトアルデヒド脱水素酵素には個人差があり、それによりアルコールに強い人(50%)、アルコールに弱い人(45%)、お酒を飲めない人(5%)に分かれるのです。
アルコール含有量は、アルコール飲料の入れものに表示されています。アルコール1グラムは7キロカロリーですから、飲んだアルコール飲料の量にアルコールの含有量(%)と7をかければ、摂取エネルギー量がわかります。
アルコール含有量は、アルコール飲料の入れものに表示されています。アルコール1グラムは7キロカロリーですから、飲んだアルコール飲料の量にアルコールの含有量(%)と7をかければ、摂取エネルギー量がわかります。
 
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら