「かからない」!「こじらせない」!「うつさない」!
カゼ・インフルエンザ撃退法
2019.10.1更新
   

空気が乾燥するこれからの時期はカゼをひいたりインフルエンザにかかったりしやすくなります。
予防法や重症化を防ぐ方法を確認し、流行の季節に備えましょう。

 
監修
東海大学医学部健康管理学客員教授
ひらつか生活習慣病透析クリニック院長
本間 康彦
 
まずは… 「かからない」
外出後の手洗い
こまめにうがい ※緑茶・紅茶を使ったうがいもおすすめ
十分な休養・バランスのとれた食事
適度な湿度(50〜60%)を保つ
外出時にはマスク着用
インフルエンザ流行前(12月前まで)にワクチン接種
インフルエンザ発症の可能性を減らし、
重症化を防止する(100%感染を防ぐものではない)。
 
かかってしまったら…
「うつさない」&「こじらせない」
1時間に1回は部屋の換気
無理をして会社に行かない
インフルエンザの場合、熱が下がって症状がおさまっても、4日ほどは自宅療養を。最低でも2日は休みましょう。
インフルエンザかなと思ったら早めに病院へ
38度以上の熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合は早めに医療機関の受診を。発症後48時間以内の抗ウイルス薬の使用が効果的です。
 
勘違いしていませんか?
カゼに抗菌薬は効きません!
抗菌薬(抗生物質など)は、細菌をやっつける薬です。ウイルス性のカゼには効きません。やたらと多用すると、薬が効かない「薬剤耐性菌」が増えるため、むやみに処方を求めるのはやめましょう。
 
8月号「自分にあった方法で元気をチャージ ストレス解消法」
6月号「口の中の問題」だけではない! 歯の健康
4月号「夫婦で受けよう! 特定健診」
2月号「早めの対策で快適! 花粉症のシーズンを乗り切るために」
12月号「その不調、体内リズムの乱れが原因かも?」
10月号「これが対処法 カゼ・インフルエンザ」
8月号「禁煙成功 こうすればできる!」
7月号「早期発見にがん検診は不可欠」
6月号「知っていますか大切な歯のこと」
4月号「健診でカラダチェックしよう」
2月号「ジェネリック医薬品を利用しよう」
12月号「血圧を上げないライフスタイルとは」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら