自己負担が高額になったとき(続き)

70歳以上の人(高齢受給者)の自己負担が高額になったとき

70歳以上の人(後期高齢者医療制度の被保険者を除く)の被保険者や被扶養者が診療を受けて、1人1カ月、同一の保険医療機関での窓口負担額が自己負担限度額を超えたとき、その超えた額は高額療養費として健康保険組合から給付されます。限度額は次のとおりです。

70歳〜74歳の自己負担限度額表

所得区分

個人ごとの外来

入院・世帯ごと

標準報酬月額83万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1%[140,100円]

標準報酬月額53〜79万円

167,400円+(医療費-558,000円)×1%[93,000円]

標準報酬月額28〜50万円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%[44,400円]

標準報酬月額26万円以下

18,000円
(年間14.4万円上限)

57,600円
[44,400円]

低所得者Ⅱ
(住民税非課税)

8,000円

24,600円

低所得者Ⅰ
(年金収入80万円以下等)

15,000円

※[ ]内は、1年間に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目からの自己負担限度額

<<前のページ

次のページ>>