自己負担が高額になったとき(続き)

70歳以上の人(高齢受給者)の自己負担が高額になったとき

70歳以上の人(後期高齢者医療制度の被保険者を除く)の被保険者や被扶養者が診療を受けて、1人1カ月、同一の保険医療機関での窓口負担額が自己負担限度額を超えたとき、その超えた額は高額療養費として健康保険組合から給付されます。限度額は次のとおりです。

自己負担限度額(月額)

区 分

70歳以上(後期高齢者医療制度の被保険者を除く)

外来(個人ごと)

外来・入院(世帯ごと)

一般(標準報酬月額26万円以下)

14,000円(年間14.4万円上限)

57,600円(多数該当の場合:44,400円)

現役並み所得者

57,600円

80,100円+(かかった医療費−267,000円)×1%
(多数該当の場合:44,400円)

低所得者

8,000円

24,600円/15,000円

現役並み所得者:標準報酬月額28万円以上の方。
夫婦2人以上の世帯は年収が520万円未満、単身世帯は年収383万円未満の方で健康保険組合に申請した場合は除く。)
低所得者:市町村民税非課税世帯の方など。そのうち所得が一定基準に満たない方は、「外来・入院(世帯ごと)」の限度額は15,000円。

<<前のページ

次のページ>>